ストーンセラピーの歴史

石は世界のさまざまな地域で療法に使用されてきました。
ストーンセラピーは植物療法と同じく、身近にあるものを利用した自然療法の一つです。

地域によって使用する方法は様々ですが、主に温めた石で体を温めたりマッサージしたりして使用されていたようです。

例えば、アーユルヴェーダ(インド)では5000年以上も前から石をマルマポイント(ツボ)に使用した歴史があります。
ハワイではカフナたちが溶岩をヒーリングマッサージのために使用していました。
中国北部では「ヘン石」と呼ばれる石を使った療法があり、体を温める治療法が発達しお灸や温めた石を使い痛みや冷えを改善してきました。

ネイティブアメリカンは日光で温めた石をスウェットロッジ(蒸し風呂)の中で使って浄化を促したり、月経痛時に下腹部に当てて使用しました。

日本でも温石(おんじゃく)を痛みの“癒し”や灸の代用として利用してきました。
また、石は体に使用するだけではなく、不思議な力が宿っていると考えられており、いろいろな石が「パワーストーン」として、お守り、宗教儀式、ヒーリングに使われてきました。
石にはエネルギーをプログラムする、または生み出す力があり、石そのものも独自の波動を持ち、相互作用する相手に影響を与えると考えられています。

現在のストーンセラピーはネイティブ・アメリカンの流れを及んだものとして、マリー・ネルソンが開発しました。
彼女はアリゾナ州ツーソンで生まれ育ち、土地に根付いたネイティブ・アメリカン文化を学びます。

1991年よりマッサージセラピストとして活動を始めましたが94年、肩を故障し、「肩を守るために石をボディワークで使うように」というメッセージをスピリチュアルガイド(内なる自分)から受け、アリゾナ大学の地質学者の協力を得て、石のパワーを科学的に研究実証しながら作り上げました。

  • このページの先頭へ
  • 受講のお申込み
  • 資料請求
  • メールで直接相談
  • スケジュールカレンダー
  • サロン開業支援
  • ストーンセラピーの歴史
  • ホットストーンアカデミーブログ